トップ
トップページ
ご挨拶

ご挨拶

協会の活動

活動理念

委員会・研究会
委員
敷金診断士

敷金診断士とは

試験案内
認定敷金診断士一覧
建物検査内容
住まいの維持管理
検査点検費用
協会の概要

協会の概要

組織図
案内図
お問い合わせ
よくあるご質問
お問合せ


 

●委員会活動

 日本住宅性能検査協会では、特に公平性の要求される以下の3つの業務について、有識者からなる3つの専門委員会を設け、通常業務とは独立して、それぞれの役割に応じた活動を行っております。


【試験委員会】

敷金診断士の育成及び資格認定に関する業務を行っています。試験運営や登録講習等を実施しています。敷金診断士が、真に国民の信頼に足る専門家として機能することを願い、あるべき試験体制・登録体制のあり方を常に研究しています。


【認定委員会】

 日本住宅性能検査協会の内外において、日本住宅性能検査協会の目指す、住環境の適正化及び住宅産業の健全な発展に、特に功績のあったと認められる者を認定し、これを公表しています。


【企業適正評価(CSR)委員会】

 CSR Corporate Social Responsibility)とは、「企業の社会的責任」とも訳されます。持続可能な社会を目指すためには、行政、民間、非営利団体のみならず、企業も経済だけでなく社会や環境などの要素にも責任を持つべきであるという考えのもとに成立した概念です。日本住宅性能検査協会では、このの概念に基づき、独自の客観的評価基準に基づき、住宅産業に関わる企業の評価を行ない、その実現に向けて取り組んでいます。


●研究会活動
 
 日本住宅性能検査協会では、協会内外の各種専門家によって11の研究会を組織し、日本の住環境をとりまく諸問題の現状調査と、その解決のための施策について、日々研究しています。


【CM (Construction Management)研究会】

  建設工事において技術的中立性を保ってクライアント側に立ち、設計・発注・工事の各段階で品質・コスト・工期などを監理します。また発注者の立場に立って設計をも含めて工事全般を見直し、同等の品質でいかにコストダウンを図るかを考え、その目で請負者を探し、交渉、監督、完成させるといったマネジメント業務の研究を行います。


【建物検査研究会】

  一級建築士を中心とした、建築系専門資格者によって構成される研究会です。営利企業とは異なるNPOとしての客観的・公正な支点から、適切な建物検査のあり方を研究しています。第三者として厳しい判断やアドバイスを行い、消費者が安心して住宅を購入できる環境作りを目指します。


【敷金問題研究会】

 敷金や保証金にまつわるトラブルが急増しています。全ては、入居者の経験・知識不足と、管理会社の悪しき習慣、及びオーナーの情報不足による無理解に起因しています。
 敷金問題研究会では、弁護士、敷金診断士、及び管理会社の立場に立つ専門家を交え、各種関係法令や判例を研究・分析しつつ、第三者的立場から、原状回復に関する適切な判断と、敷金・保証金の返還に関する情報提供を行い、公平かつ迅速な敷金・保証金問題の解決に取り組んでいます。


【家賃・地代適正評価研究会】

 経済環境と賃貸借市場の変化の中で賃料の増額請求(値上げ)は相当なのか。
 企業にとってこの賃料は人件費に次ぐNO.2のコストです。賃料改定に必要な理論武装の研究と適正賃料の判断基準をコンサルタント致します。


【都市問題研究会】

 都市問題とは、広く、ごみ処理、騒音、振動、悪臭、事故、交通ラッシュ、大気汚染、地価の上昇等、過密地域に起こる問題を指します。現在の都市は、こうした多様な都市問題に直面し、その対応策が模索されています。都市問題研究会では、幅広い視点から専門家を招き、直面する都市問題に取り組み、現状の分析と問題解決のための指針を明らかにすべく調査研究活動を行っています。


【ADR研究会】

 ADRとは、広く訴訟によらない紛争解決方法を指し、通常「裁判外紛争解決手続き」と訳されます。      
 ADR研究会では、不動産取引・施工・敷金問題等のトラブルについて、ADRによる簡易・迅速・柔軟な紛争解決のあり方について研究し、「日本不動産仲裁機構」を通じて、弁護士、建築士、敷金診断士、その他の各種専門家及び学識経験者との連携の下、ADRの実践に取り組んでいます。


【マンション管理研究会】

 マンション管理のあり方について、物的側面・人的側面の双方から総合的に研究しています。各管理会社の具体的管理体を独自に調査・分析し、不具合が生じた場合の責任の所在を究明します。
 「マンション管理支援室」において、各地のマンション管理士にご協力頂きながら、マンション管理組合の理事の方々や居住者の方々からの相談に応じ、助言や問題解決のための支援活動を行っております。


【太陽光発電研究会】

自然の恵みを最大限に活かすクリーンエネルギーへの転換は、日本のみならず世界が取り組まねばならない人類共通の課題です。
太陽光発電は、この課題を克服する新しい発電システムとして大きな期待を集めています。
当研究会は、太陽光発電の正しい理解と普及に資するため、様々な啓蒙活動を積極的に行なっていきます。
これ以上地球を破壊したくない。それがわたしたち太陽光発電研究会の願いです。



【リバース・モーゲージ研究会】

超高齢化社会を目前にひかえたわが国において、支援方法の1つのスキームとしてあるリバース・モーゲージの理解と普及に資するため、様々な啓蒙活動を積極的に行なっていきます。
住宅所有者などを含め、住宅一般に関するカウンセリングや、リバース・モーゲージの仕組みや融資形態、適格条件、そしてセールスバックなどのリバース・モーゲージ代替手段に関する研究、法的問題、リスクの問題や中古住宅評価についての提言を行います。
また、リバースモーゲージカウンセラーの育成を積極的にすすめております。 
     


【MEMS研究会(マンション・エネルギー・ マネジメント・システム)】

エネルギー使用の効率化および電力需要の抑制による無理のない節電を図るマンションなどの集合住宅(スマートマンション)に、MEMS導入の為のシステム研究及びMEMSアグリゲータとの連携のもとで「スマートマンション導入加速化促進事業」の推進を図る。


【サブリース問題研究会】
不動産サブリース契約にも借地借家法の適用があることを前提に、具体的な同法の適用場面において、不動産サブリース契約の特殊性がどの程度考慮されるべきかという点にあると思われます。 消費者契約において普遍的な考えである[契約弱者]の概念を入れて法的支援が可能かを提言します。
     
  ↑トップへ戻る
 
 
内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会 copyrught(C)Nihonjyutakuseinoukensakyoukai all copyrights reserved.