トップ
トップページ
ご挨拶

ご挨拶

協会の活動

活動理念

委員会・研究会
委員
敷金診断士

敷金診断士とは

試験案内
認定敷金診断士一覧
建物検査内容
住まいの維持管理
検査点検費用
協会の概要

協会の概要

組織図
案内図
お問い合わせ
よくあるご質問
お問合せ


●建物検査の実施方法

 事前に対象家屋の所有者に調査日程についてご連絡を差し上げ日程を決めます。

 一般の住宅は内部と外部を調査するのが原則で、検査時間は建物の大きさによって異なりますが、約1時間〜2時間位かかります。

 建物内部の検査は建物の平面図を作成しながら、建物の傾斜や写真撮影した場所の位置を平面図に記入します。居室や浴室など室内全体の内壁の隙間、亀裂、ドアの開閉状態、タイルの状態などを計測した後写真撮影します。
 外部についても同じ様に外壁や基礎、敷地内の土間、塀、工作物も検査します。
 検査箇所の選定については、すべての破損個所を発見、または測定する事は不可能ですので、代表的な箇所を選別して破損個所の長さや幅を測定します。


●中古住宅一戸建て建物検査内容

【屋外部分】
■基礎の割れ・蟻道・不同沈下・換気不良
■外壁の腐朽・錆・割れ(クラック)・シーリングの破断
■屋根瓦等のずれ・割れ・錆・浮き
■雨樋の詰まり・はずれ・ひび
■軒樋の腐朽・雨漏り・はがれ・たわみ
■バルコニーの手すりのぐらつき・腐朽・錆・割れ・蟻道・床沈み
■バルコニーの防水の状況・ドレーン廻り・オバーフロー管の有無


【屋内部分】
■土台、床組の腐朽・錆・蟻道・床沈み
■柱、梁の腐朽・錆・蟻道・割れ
■壁(室内側)の腐朽、目地破断・蟻害・錆
■天井、小屋組の腐朽・錆・はがれ・たわみ・雨漏り・蟻害・割れ・断熱材
■階段の沈み・腐朽・錆・蟻害・割れ
■バルコニー下部の部屋の雨漏り・結露


【建具】
■玄関建具の隙間・開閉不良
■雨戸、網戸の錆・建付不良
■窓枠、戸袋等の木部の錆・雨漏り・コーキング不良
■内部建具の隙間・開閉不良・破損


【設備】
■排水管、水洗器具の水漏れ・赤水・パッキンの異常
■排水管トラップの水漏れ・詰まり・悪臭
■台所シンク、洗面設備の水漏れ・割れ・腐食
■トイレの便器廻りの水漏れ・水洗タンク廻りの水漏れ
■浴室のタイル等の割れ・ジョイント部の割れ・ジョイント部の隙間
■ガス管のガス漏れ・劣化
■給湯器の水漏れ・ガス漏れ・器具の異常
■換気設備の作動不良
■電気設備のスイッチ作動不良・スイッチ破損・コンセント破損

建物瑕疵検査
 

 
 
内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会 copyrught(C)Nihonjyutakuseinoukensakyoukai all copyrights reserved.