お知らせ

太陽光発電アドバイザー資格 エネルギー・環境マネージャー キャリア段位制度 レベル2該当

太陽光発電アドバイザー資格が、「エネルギー・環境マネージャー キャリア段位制度」評価対象資格“レベル2”に該当することとなりました。
平成22年6月18日に閣議決定された国家プロジェクトの一つに「実践キャリア・アップ戦略」があります。これは、新たな成長分野における人材育成と当該分野への労働移動を促すことを目的として、「キャリア」や「能力」で評価される社会、プロフェッショナルとして誇りをもって生きられる社会を目指す取り組みであり、その中で「キャリア段位制度」が設けられました。

「エネルギー・環境マネージャー」は、その制度に基づき認定される者であり、持続可能な社会の実現に向け、エネルギー・環境の分野における環境・経済・社会の3つの視点での様々な取り組みの中核として活躍が期待される人材の総称です。

当協会の主催する「太陽光発電アドバイザー」資格が、この段位のレベル2として認められることとなりました。



「エネルギー・環境マネージャー」とは・・・
「省エネ分野」「温室効果ガス排出削減・吸収分野」等の知識・技能を体系的に身につけ、エネルギー関連を総合的にマネジメントでき、低炭素社会実現の中核として活躍が期待される人材です。
わかる(知識)と、できる(実践的スキル)の両面から評価し、レベル認定を行います。

(内閣府HPより)



制度の詳細、申請方法等につきましては、下記のサイトをご参照ください。
エネルギー・環境マネージャー キャリア段位制度 (一般社団法人産業環境管理協会)
実践キャリアアップ戦略 (内閣府)
Copyright ®2012 Nihonjyutakuseinoukensakyoukai all copyrights reserved.